らいぶろサービス利用規約

第1条(適用の範囲)

らいぶろご利用規約(以下「本規約」といいます)は、日本ユニシス株式会社(以下「運営者」といいます)が運営するらいぶろサービス(以下「本サービス」といいます)の利用に関する運営者とユーザーとの間の一切の関係に適用されます。

第2条(規約の変更)

  1. 運営者は、ユーザーの了承なく、本規約を変更することがあります。この場合には、本サービスの利用条件は、変更後の規約によります。
  2. 変更後の本規約については、運営者が別途定める場合を除いて、(WEBサイト)(以下「本WEBサイト」といいます)上に掲載および本サービスの利用画面に掲載された時点より、効力を生じるものとします。

第3条(ユーザー)

  1. ユーザーとは、本規約の全ての条件に同意の上、本サービスを利用する利用者をいいます。
  2. 本サービスを利用したものは、その時点に公開されている利用規約の内容を承諾したものとみなします。
  3. ユーザーは、本規約に従って本アプリケーションにより提供されるサービスを利用することができます。

第4条(運営者によるサービスの提供)

  1. 運営者が必要と判断した場合、運営者はいつでも本サービスの全部または一部の内容を変更、停止または中止することができるものとします。運営者が本サービスの内容を変更、停止または中止した場合にも、ユーザーに対しては一切責任を負わないものとします。
  2. 運営者は、必要と判断した場合、事前の通知なしに、ユーザーのサービス利用に関する諸規定やルールを変更できるものとします。

第5条(自己責任の原則)

  1. 本サービスは、ユーザーが自らの責任で利用するものであり、運営者は本サービスの利用にあたり、ユーザーに生じたいかなる損害に関しても、一切その賠償の責を負うものではありません。
  2. ユーザーは、本サービスの利用により運営者または第三者に対して損害を与えた場合(ユーザーが本規約上の義務を履行しないことにより第三者または運営者が損害を被った場合を含みます)には、自己の責任と費用をもって運営者に生じた損害、損失および費用(訴訟費用および弁護士費用を含みます)を賠償するものとします。

第6条(著作権、商標等の利用限定)

  1. 本サービスによって提供される画像、テキスト情報等のデータ、本サービスに関連するソフトウェア等、一切の著作物に関する著作権は、運営者、または当該著作物の提供者等である第三者に帰属するものです。ユーザーは、これらを、本規約およびそれぞれの利用条件で認められる範囲ならびに著作権法で認められた私的使用のための複製の範囲を超えて利用することはできません。
  2. ユーザーは、運営者の許可なく、登録商標「らいぶろ」を使用することはできません。

第7条(禁止事項)

  1. お客様は、購入した引換商品の返品が認められないことを予め承諾するものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、お客様は、引換商品に不良(引換商品の種類、品質および数量が、契約の内容に適合しないことをいいます。)を発見した場合、当該引換商品の受領後7営業日以内に当社指定の問合せフォームに必要事項を記載のうえ当該引換商品を返送するものとします。なお、お客様は、当該期間経過後の返品は原則として認められないことを予め承諾するものとします。
  3. 当社は、返送を受けた引換商品に不良があると認めた場合、直ちに商品を交換したうえでお客様に発送します。この場合の発送費用については当社の負担とします。なお、引換商品に不良があったと当社が判断した場合であっても、同一種類、品質および数量の商品を調達できないときは、当社が定める方法により、お客様が支払った引換商品の代金相当額を返金するものとし、これにより当社は、当社に故意または重過失のある場合を除き、一切の責任を免れるものとします。

第8条(免責)

  1. ユーザーは本サービスに関して以下の行為は行わないものとします。
    1. 運営者もしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
    2. 第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権その他一切の権利・利益を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
    3. 本サービスによりアクセス可能な運営者の情報を改ざん、消去する行為。
    4. 本サービス用設備(運営者が本サービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします)に無制限にアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為(与えるおそれのある行為を含みます)
    5. 上記各号の他、法令、本規約または公序良俗に違反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、運営者の信用を毀損し、または運営者の財産を侵害する行為、または運営者に不利益を与える行為。
    6. 第1号ないし第5号のいずれかに該当する行為を閲覧することができるウェブサイト等へのリンクを張る行為。
  2. 運営者は、運営者の定める仕様に従って、本サービスが継続的に運用されるよう努めるものとしますが、それ以上の義務は負うものではありません。従って、運営者は、前項各号いずれか、またはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因するユーザーが被った損害について一切責任を負わないものとします。
  3. 運営者は、ユーザーへの通知および了承の有無にかかわらず本サービスの全部または一部を利用停止またはアクセス制限し、また本サービスの内容を変更することがあります。その場合においても運営者はユーザーが被った損害について一切責任を負わないものとします。

第9条(利用履歴の利用)

運営者は、ユーザーが本サービスを利用した際の利用履歴(利用した店舗、利用した日時、利用金額、本サービスの利用により印刷した印刷物を含むがこれに限られない)を、個人が特定できない形での統計的な情報として、運営者の裁量で、利用および第三者への提供ならびに公開を行うことができるものとし、ユーザーはこれに異議を唱えないものとします。

第10条(免責)

  1. 運営者は、本サービスがユーザーの特定の目的に適合することについて何ら保証するものではありません。
  2. 何らかの理由により運営者が責任を負う場合であっても、運営者は、ユーザーが被った損害につき、当該ユーザーが本サービスを利用した際に支払った対価の金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、間接損害、特別損害、逸失利益等にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。

第11条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第12条(紛争の解決)

本規約の条項の解釈、または本サービスの利用等に関連して疑義などが生じた場合、さらに本規約に定めのない事項について疑義などが生じた場合、運営者とユーザーは、双方誠意をもって協議し、円満に解決するものとします。

第13条(専属的合意管轄裁判所)

ユーザーと運営者の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第14条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。